乳頭温泉郷はアクセスいいです~秋田~

秋田

秋田県が世界に誇る秘湯乳頭温泉。

「じゃらんリサーチセンター」がまとめた「人気温泉地ランキング2021」で、「あこがれの温泉地ランキング」1位に輝いたとても人気がある温泉です。

【リリース】じゃらん人気温泉地ランキング2021 投票結果報告 | じゃらんリサーチセンター
じゃらんリサーチセンター(JRC)は、国内旅行に関する調査・研究と地域誘客支援をする組織です。このサイトでは調査・研究結果や地域と共に取り組んだ事例の紹介をしています。

でもこれ、行ったことない温泉地なんですよね…きっと「秋田遠いし、秘境ってすごいアクセス悪そう…」ってイメージだと思います。

でも、そんなことないと言いたい!!!

むしろ「アクセスいい!!」と言いたい!!!

 雪深い冬はまだしも、春~秋ならアクセスも温泉もロケーションも最高な場所なんです。東北旅でぜひ訪れてほしい場所です。

乳頭温泉郷の場所は丁度、盛岡市から秋田市に行く途中にあります。地図だけみると遠そうですが、新幹線の駅から直通バスも出ているため公共交通機関でも行きやすく、車でも行きやすいのです。東京からでも3時間半もあれば着きます。次からそれぞれの行き方を紹介していきます。

新幹線

乳頭温泉郷のすぐ近くに秋田新幹線「田沢湖」駅があります。

東京駅から直通で行けて、秋田新幹線「こまち」に乗ると約2時間40分ほどで田沢湖駅に着くことができます。田沢湖駅からは直通バスが出ており、50分ほどで乳頭温泉郷に着きます。

・車

地図で分かるように実は秋田市よりも盛岡市のほうが近いんです。盛岡駅は東北新幹線の停車駅で東京から2時間ほどで着きます。そこから車で1時間ちょっとで乳頭温泉郷に着きます。

道が悪いんじゃない? 山奥の細いぐにゃぐにゃ道通るんじゃない? と思う方もいるかもしれませんが、そんなことありません。

鶴の湯以外は片側一車線ずつの普通の道だけです。(鶴の湯だけは最後4キロほどは細い道ですが、路肩は広めですので運転慣れている方なら問題ありません)

普通に走りやすい。盛岡市内を走るよりも確実に走りやすい。盛岡を抜けて気持ちよく1時間ばかりドライブすれば…そこは乳頭温泉郷です。

次は乳頭温泉の紹介です。私が行ったのは鶴の湯なので、鶴の湯の体験記事です。でも、乳頭温泉郷には7つの温泉がありますが、他の温泉も甲乙つけがたいほどよさそう…!!

鶴の湯とは、乳頭温泉郷の中で最も古い歴史を持ち、秋田藩主の湯治場だった温泉です。元禄時代(1688~1704年)から湯宿として使われており、当時の警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋が残っています。

温泉は人がいたため撮っていませんが、最高でした。今まで感じたことないほどにめちゃめちゃ柔らかい水質で、湯を出た後もポカポカですごく気持ちいい。出た瞬間にまた入浴したくなりました。

なお、混浴ということで女性の方は心配かと思いますが、全く心配ありません。女性が湯に入るところはしっかり見えないようになっています。お湯は真っ白に濁っているため、湯に入っちゃえば本当に全く見えません。実際に入れば(これは絶対に見えないわ。心配して損した)と思うでしょう。

ただし、男性はお湯を上がるときに見えるので、男性で見られるのが嫌な方は泊りで行った方がいいと思います。日帰りは結構人がいるので。

また、午前中に行くと昼食を食べることもできます。事前予約が必要です。当日に受付で予約できるので、着いたらサクッと予約しちゃいましょう。

会場は、夜は宿泊場所として使われる部屋です。すごい趣ある部屋。

地元の食材を使った御飯が食べられます。

秋田って山菜がすごく美味しいんですよね。個人的に全国1位だと思ってます。野菜の旨味がすごい濃い…。もちろん川魚も美味しい。

ちなみに携帯は圏外です。なので、鶴の湯に来たら強制的にゆったりした時間を過ごせます。

今回は日帰りで来ており、まだ泊まったことはありません。しかし、ここほど風呂、御飯、寝るのローテーションで幸せになれそうな宿は他に思いつきませんでした。来てみて泊まりたくなる宿。独特の雰囲気のある宿でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました